中性脂肪を下げる方法【サプリメントの健康効果】

ダイエット

生活改善で効果あり

中性脂肪を下げる方法として、食生活を見直す事が大事です。食べ方や食べ物を見直す事で、誰でも中性脂肪を下げる事が出来ます。また、食生活の見直しによって食事そのものを楽しんだり、リラックスする効果も期待できますし、生活習慣病全般にも効果的です。

サプリメント

現代人に起きやすい

人間のエネルギー源となる中性脂肪は、増えすぎると身体の健康を害してしまいます。中性脂肪を下げる方法は、糖質、脂質、タンパク質の過剰摂取をやめることと、運動をすることです。補助的にサプリメントを使用することで、より効果が得られます。

ウエスト

リスクが高まる

人間が生きていくに必要不可欠なものの一つが中性脂肪です。ただし、過剰に摂取すると血液がどろどろになり血流が悪くなり高血圧や糖尿病の原因となります。運動不足だったり食生活で脂っこいものを摂りすぎると中性脂肪が高くなりやすいです。中性脂肪を下げるには、炭水化物などの糖質を控えめしてウォーキングなどを行います。

DHAやEPAが有効

ハンバーガー

どのような効果があるか

中性脂肪を気にしている人の多くが、DHAやEPAが中性脂肪を下げるには有効であることを知っているでしょう。これらの成分は青魚に含まれ、毎日の食卓でも気軽に摂取することができます。この成分が中性脂肪に良いと言われるけど、実際どのような効果があるのかまで知っている人は少なくないと考えられます。しかし、毎日しっかりと中性脂肪を下げる対策をするには、まずどのような効果があるのかを知っておくことが大切です。効果を知ることでしっかりと摂取しなければいけないと自覚をすることができます。この成分には、中性脂肪の代謝を促進させる効果や合成の抑制、肝臓からの血液中への分泌を抑えるという効果があります。この効果を得るためには、DHAやEPAを毎日摂取することが大切です。

DHAやEPAは青魚に含まれる成分なのですが、とくに中性脂肪を下げる効果が得やすいのがEPAです。このEPAの1日に摂取したい量としては1gです。これは厚生労働省が推奨している量で、中性脂肪を気にしている人は、この量を毎日摂取したいものです。青魚に含まれる量としては、100g中、本マグロなら1,288mg、真鯛で1,088mg、さんまで844mgとなっています。さんまなら、中程度の大きさのさんまを1匹食べれば約844mg摂取することができます。この程度の量なら毎日食べるのは問題ないという人も多いのではないでしょうか。しかし、魚嫌いの人にとっては、毎日魚を食べるのはつらいものです。そんな人にはサプリメントが便利です。サプリメントなら1日1gを一瞬にして摂取することができ、魚嫌いの人でも中性脂肪を下げる効果を得ることができます。